国際線の液体物機内持ち込み制限

岡山空港国際線の液体物持ち込み制限について

2007年3月1日から、航空機テロ対策として日本発国際線で飲料・化粧品などの液体の航空機内への持ち込みが制限されています。全ての液体は、下記のように保安検査の際に提示してください。

 
    1. 100ミリリットル以下の容器に入れます。
    2.  1の容器を1リットル以下の透明のビニール袋に入れます。
        (ビニール袋は、開けても再び封をすることが可能なものに限ります)。
    3. 2.の透明のビニール袋は、1人1枚に限ります。
        ※写真を参考(PDF形式)にしてください。
       ・ジッパー付き縦横の合計40センチ以内が目安です。
       ・たて横の合計40cm以内が目安です。
ekitai.jpg 
 【ビニール袋に入りきらない液体物は】
 

この制限は、受託手荷物には適用されませんので、ビニール袋に入りきらない液体物は、航空会社のカウンターで預ける荷物に入れるようお願いします。
マスカットツアーにご参加のお客様には液体物持込用袋をお渡ししています。

 

【機内で必要な医薬品などは】
  医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食等については、適用除外されます。 

 【詳しくは】
 
対象となる液体物の種類や疑問点など、詳しくは国土交通省ホームページ『国際線の航空機内への液体物持込制限の導入について』のをご覧ください。
   また、航空機の安全運航を確保するため、危険物の輸送、航空機内への持ち込み、お預かりは禁止されております。
    危険物の種類(PDF形式) 
    機内への持ち込み若しくは預けることができるもの

ページ上部へ
Copyright (C) 2009 株式会社リョービツアーズ All Rights Reserved.